湯種角食パン

湯種を作って一晩寝かせて。
この手間が大変かなって思っていたけれど
慣れちゃうと楽しくなってきました!
これ(湯種)があの溶けるような食感の秘密だと思うと
毎回作りたくなってしまいます。
(*´﹃`*)

湯種の角食パン、型に合わせた分量を調整中です。
🌟今日焼いたパン🌟
1斤湯種食パン
ホベカちゃん捏ね・発酵
湯種用カメリア40g熱湯40ml
本捏ねカメリア180g水125ml
ドライイースト1.2%
焼成→200℃で23分
分割前→412g焼成後→369g
2019062801.jpg
はっ!
これは!!!

2019062802.jpg
び、びっ、微妙だけども
ホワイトラインと呼んでいいのでしょうか!?
理想はもうちょっとメリハリのある白だったので困惑してます。
(;'∀')

それに、反対側は
2019062803.jpg
透け感バッチリの角プクだったので
素直に喜べるのは、良い香りだけでした。
(∀`*ゞ)テヘッ

本当に冷めたてをスライスすると
香りがほわ~~~んと、たまりません!
2019062804.jpg
耳の底面はザクっと堅かったけれど
横の面はふわふわ柔らかい耳になりました。
リッチ配合にしなくても、それなりに耳柔らか食パンが焼けるようになりたいです。
今度は湯種ではない普通の山食パンを焼いてみよう。
食感の違いとか確かめてみたくなりました。
☆---------------☆
読んでくださってありがとうございます
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ 
ポチッと応援が励みになります♪
☆---------------☆

この記事へのコメント

スポンサーリンク