セントル ザ・ベーカリーの本から

図書館で借りてきたセントル ザ・ベーカリーの本
やっぱりどうしても手元に置いておきたくて購入。💰
2019051601.jpg
写真は図書館の本です、昨日は湯種を仕込みましたよっ。
冷蔵庫で一晩寝かせた湯種を使って、本の『プルマン』レシピで焼いてみます。

2019051602.jpg
いやいや・・・大変でした。
湯種がまずぺったぺたのお餅みたいで、ラップにも手にもひっついて💦
成形するのも一苦労。打ち粉多めに使いました。
約221gを2つと、余り生地57gはプリンカップに入れて丸パンに。
そうそう、余り生地の存在を知ったのはこの本だったなぁ。📚
焼き型には適正生地量があるんですよね。

🌟今日焼いたパン🌟
1斤食パン
セントル ザ・ベーカリー本
プルマンレシピ
焼成→200℃で29分
焼成率→9.9%
2019051603.jpg
甘くていい香りですが
なんだろう、このクラスト(パンの外側)感がいつもと違う💦
油脂が多いのかなぁ?

2019051604.jpg
丸パンが気になる~!
荒熱とれて、冷める前に
2019051605.jpg
モチっ、ふわ~
ではなく
モチっ、ぷるん
ぷるん?ぷりん?
くちどけ感が少しあって、弾力を感じます。

2019051606.jpg
1枚目の断面。
ガス抜き不十分な感じですね。
水分量を減らして配合を調整して、また湯種のパンを作ってみたいです!
☆---------------☆
読んでくださってありがとうございます
 
ポチッと応援が励みになります♪
☆---------------☆

この記事へのコメント

スポンサーリンク